Merry Christmas and Happy New Year 2018
メリークリスマス

Merry Christmas!

  
We, St. John’s Cathedral Choir sang Mass Op.130/Joseh Jongen(1873-1953) with brass ensemble at Midnight Mass on Christmas Eve, with special guest from England; Paul Phoenix former Kings Singers!!! This piece is fantastic harmony and very romantic which is like a glorious light from Muse!

St. John’s Cathedral では、クリスマス・イブに毎年恒例の真夜中のミサが行われ、Cathedral Choir 聖歌隊も大忙しです。今年は、ロマン派ベルギーの作曲家ジョゼフ・ジョンゲンのミサ曲 をブラスアンサンブルと歌いました。なんと、スペシャルゲストがイギリスから。元キングス・シンガースのメンバー、ポール・フェニックスさんがテナーソロ。この曲は、ハーモニーが素晴らしく、まるでミューズの神から光の贈り物のようで、とってもロマンティック。楽しみました。

    with Paul Phoenix

He sang On Christmas Night/Thomas Hewitt Jones which was composed particularly for him!! His voice is very sweet and fantastic — ♪♪ Thank you very much for singing with us.

ポール・フェニックスさんが歌った On Christmas Night/Thomas Hewitt Jonesは、特別に彼のために作曲されたものです。彼のとってもスイートな歌声とマッチして、素晴らしかったです。ポールさん、一緒に歌ってくれて、ありがとうございます。

    

Wish you all a very blessed and happy Christmas, and all best wishes for a wonderful 2018! I look forward to seeing you and your piano again.

皆様にとって、2018年も素晴らしい年となりますように。 皆様と皆様のピアノにお会いできますのを、楽しみにしております。

 メーリーにゃ!

88KEYS Ltd. Eri Onami & Karin the cat director 

にくきゅう2

カテゴリー: Music, St John's Cathedral Choir タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。