C. Bechstein full maintenance with Zuma Day2
ドイツのベヒシュタインとズマ君

Hello! Zuma again. Full maintenance of the piano is continuing now!

こんにちはー またぼくだよ!ズマです。ぼくのピアノのフル整備は続いています。

  

The room environment is good! The Piano Fairy is very happy about it.

お部屋の環境は良く整えられています。ピアノフェアリーはとっても喜んでるですって。

Next is regulation. The key levelling and depth adjustment is important for evenness. The paper punching with different thickness is used for the adjustment.

さて、次は整調です。鍵盤の高さと深さの調整は均一な音を創るのに大切な基本です。厚みの異なった紙で出来ているパンチングで調節をしてあげます。

   

The visual contact works best for final check.

最終チェックは人間の目で確認するのが一番効果的。

The alignment of each contact points of the action is important for the movement.

アクションのそれぞれの接点の向きが合うようにそろえていきます。

After finished tuning, Piano Fairy told me that recalled the sound from Germany.

調律が終わったら、ピアノフェアリーがやってきて言いました。ドイツの懐かしい音がするよ!

Eri-san has a special skill to create European sound for the piano.  Dear Zuma, Thank you very much for waiting me!

Eri さんは、特別なスキルを持っていて、ヨーロッパの音色を作ることができるんだよ。  ズマ君、待っていてくれて、どうもありがとう!

See you!  

 

カテゴリー: Piano, Regulation, Tuning タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。