Glenn Gould plays Byrde and Gibbons, and Japanese goodies
グールドのCDと日本のおみやげ

Hello! I am Karin. Look! I have received something special from Japan. 

こんにちはー ぼくかりんです!日本から素敵なものが届きました。

  

Glenn Gould – A Consort of Musicke Bye William Byrde and Orlando Gibbons

Byrde and Gibbons is a leading composer in England in the early 17th century. In this age there is Virginal; is a keyboard instrument of the harpsichord family. Of course Gould plays the piano but he created the sound is reminiscent of Virginal…. amazing. DSD Mastering.

ウィリアム・バード、オーランド・ギボンズは17世紀イギリスを代表する作曲家で、私も声楽曲が大好きです。グレン・グールドの録音が2007年にマスタリングされて出た中に、このCDがありました。この時代はまだピアノはなく、ヴァージナル(ハープシコードの仲間)が弾かれていました。もちろんグールドはピアノを弾いていますが、彼の音は、ピアノのそれではなく、なにかヴァージナルを彷彿させるようでした。驚きました。すごーい。

Tea time! It’s very delicious. Milk Caramel Tea by “Karel Capek” tea shop in Tokyo,  and freeze-dried Strawberry Truffle green tea chocolate by “Frantz” in Kobe. Happy! Thank you so much.

お茶の時間~!ミルクキャラメルティはカレルチャペック紅茶店、苺トリュフ抹茶は神戸のフランツから。とーっても幸せ。ありがとうございます。

Mum, please do not eat too much sweets! 

ママ、甘いものばっかり食べないようにね~

 

カテゴリー: Music, Sweets タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。