Schiedmayer and Soehne 106 years old piano
106歳のシードマイヤー

Ho Ho Ho — I am very old Piano Fairy 106 years old. Eri-san, I am so glad to see you again! How are you?

ホーホーホー 私は106歳のピアノフェアリーじゃ。Eri さん、また会えて光栄じゃぞ。元気にされておったかの?

  

I maintained him 7 years ago and he has come back to me again. How nice to see you again, old Piano Fairy! Thank you.

おじいさんのピアノさんは、7年前に私がメンテナンスしていたのですが、また戻ってきました。またお会いできるなんて、とってもうれしいわ!ありがとう。

  

Old piano needs extra loving care that is considered possibility to conserve the instrument in an acceptable playing condition. Let’s doing a major clean up the piano!

古い楽器は、弾ける状態でいかに保存していけるかを考慮しながら、心のこもった特別なケアが必要です。では、ピアノの大掃除から始めましょう!

    

  

There is a corrosion of metal by longtime use. I have been cleaning the surface and under the keys, cleaning the balance hole and polishing the balance & front pins. Piano fairy said “I feel refreshed after cleaning inside the piano!!” It’s good!

古いので金属の腐食が起きています。鍵盤のバランスホールも丁寧に汚れを落として、ピンを磨いてあげると鍵盤の摩擦が減って動きがスムーズになります。ピアノフェアリーがお掃除がすんで、さっぱりしたですって。よかったね!

  

Well, finally we are going to tune the piano. There is a different pattern of the tuning pins particularly the old piano. He needs to use a little small star pattern. 

さて、ようやく調律に入ります。古い楽器は、チューニングピンの形が現代のものとは違い、サイズもそれぞれです。おじいさんに合うのは、小さな星型です。

The piano is now a joy to play! 
♪ Hark! the herald angels sing ♪

 

カテゴリー: Basic maintenance, Tuning タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。