Music

May your Easter be filled with bright feelings and your hearts be filled with love and joy. 

 
St John’s Cathedral

We, Cathedral choir has finished Easter Vigil service tonight.
And also we sang Musical Devotion; John Stainer/The Crucifixion with solo and choir with organ on 17 April in Holy Week.  “God so loved the world” is included in this music. It’s beautiful and my favourite.

復活祭のお祝いでお花がたくさんの大聖堂は、とってもきれい。今夜は Easter Vigil 特別礼拝で歌ったところです。また、4月17日にはイギリスの作曲家 John Stainer キリストの受難のオラトリオを、キリスト、弟子たちをソロ、合唱、オルガンで演奏しました。この中に含まれているGod so loved the world はとてもきれいな曲で、私も大好きです。

Happy Easter!

 

Congratulations on the 120 years of Deutsche Grammophon!
ドイツ・グラモフォン・レコード創立120周年 おめでとう!


Our highly respected Maestro Seiji Ozawa and violinist Anne-Sophie Mutter, Diego Matheuz and Saito Kinen Orchestra hold a special concert to celebrate 120 anniversary of Deutsche Grammophon at Suntory Hall in Tokyo on 5 December 2018!! Unfortunately I could not come to the concert, but CD has just been released on 1 January 2019. 

我らが尊敬するマエストロ小澤征爾さんとバイオリニストのアンネ=ゾフィー・ムッターさん、指揮者のデイエゴ・マテウスさんと、サイトウ・キネン・オーケストラが、この特別なお祝いのために2018年12月5日、東京サントリーホールに集結しました。私もとっても行きたかったのですが、残念。。でも2019年1月1日にCDがリリースされました。

read more…

  

Merry Christmas! 
We, St. John’s Cathedral Choir sang Missa Aedis Christi/Howard Goodall with orchestra at Midnight Mass on Christmas Eve, with special guest from England; the Choir of Corpus Christi College, Cambridge. Fantastic angel voice with us! Howard’s Missa is a very stylish and beautiful music. I and Piano Fairy enjoyed it very much.

クリスマスの時期、St. John’s Cathedral 聖歌隊は、御勤めでとても忙しくなります。クリスマス・イブは恒例の真夜中のミサがあり、RTHKでも放送されます。今年はイギリスの作曲家Howard Goodallのおしゃれなミサ曲をオーケストラと歌いました。イギリスから天使の歌声のゲストが!ケンブリッジ大学のコーパス・クリスティ・カレッジ聖歌隊が加わりました。

read more…

Merry Christmas!

  
We, St. John’s Cathedral Choir sang Mass Op.130/Joseh Jongen(1873-1953) with brass ensemble at Midnight Mass on Christmas Eve, with special guest from England; Paul Phoenix former Kings Singers!!! This piece is fantastic harmony and very romantic which is like a glorious light from Muse!

St. John’s Cathedral では、クリスマス・イブに毎年恒例の真夜中のミサが行われ、Cathedral Choir 聖歌隊も大忙しです。今年は、ロマン派ベルギーの作曲家ジョゼフ・ジョンゲンのミサ曲 をブラスアンサンブルと歌いました。なんと、スペシャルゲストがイギリスから。元キングス・シンガースのメンバー、ポール・フェニックスさんがテナーソロ。この曲は、ハーモニーが素晴らしく、まるでミューズの神から光の贈り物のようで、とってもロマンティック。楽しみました。

read more…