Hoffmann and Kühne first year maintenance with Schoko
ショコちゃんと1年目のメンテナンス

Merry Christmas!
Freut mich! I am Schoko come form Germany. My piano needs maintenance of first year so, Eri-san is here!

メリー・クリスマス!Freut mich!(独-はじめまして!)ドイツから来たショコです。ドイツ語でチョコの意味です(笑い)私のピアノは1年目のメンテナンスが必要なの。Eri-sanが来てくれました。

Schoko 1 Christmas

The piano needed to settle itself into the new home environment during the year. Pianos use living breathing materials, that includes pieces of cloth, felt, and buckskin, as well as wool, wood and metal, so there is movement. As a result of this movement, regulation is necessary.

新しいピアノは、倉庫からお家に運ばれてきて1年くらいの間に、そこの場所の新しい環境に徐々に馴染んできます。 ピアノは、ウールのフェルト、バックスキン、木などの自然素材、そして金属部分でできていますので、お部屋の環境と共に動きが出ます。今日は、このピアノの始めての整調です。

Hoffmann 13 Hoffmann 2

 

Look! There is a big gap on the surface of the keyboard. The Key levelling and depth adjustment is used the paper punching with different thickness.

あらー!鍵盤の表面がこんなにでこぼこになっています。鍵盤の高さや深さは、厚さがそれぞれ違う小さな紙でできたパンチングで調整します。

Hoffmann 3 Hoffmann 7

Hoffmann 6 Hoffmann 9

 

The alignment of each contact points is important for the movement and regulate each part.

それぞれの接点の向きがちゃんと合うように調整して行きます。

Hoffmann 11 Hoffmann 10

 

The visual contact works best for final check.

人間の目で確認するのが一番効果的。

Hoffmann 8 Hoffmann 12

 

Eri-san and Piano Fairy, shall we have a tea time? My grandma in Germany baked these cookies especially for the Christmas! I love it! Schoko-chan, Danke!

ねえねえ、Eri-san、ピアノフェアリー、お茶の時間にしない?ドイツにいるおばあちゃんがクリスマスのクッキー焼いたんだよー! すっごく美味しい!ショコちゃん、ありがとう!

Tea time Schoko 4

Tschüss!  またねー!

 

カテゴリー: Piano, Regulation, Sweets, Tuning タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。